指導者

青木 洋也 あおき ひろや 音楽監督・常任指揮者

顔写真 カウンターテナー。東京生まれ。ヴァイオリンを学ぶ傍ら、ボーイ・ソプラノとして東京少年少女合唱隊時代より活躍。東京藝術大学大学院で古楽演奏、エリザベト音楽大学大学院で宗教音楽学を学び、在学中より定期的に渡欧して研鑽を積む。宗教音楽を専門とし、J.S.バッハの「マタイ」「ヨハネ」両受難曲や、多数のカンタータ、オラトリオの独唱をつとめるなど、現在も着実に国内外での活動の場を広げている。バッハ・コレギウム・ジャパンの主要メンバーとして国内外の公演・録音に参加し、2011年ブレーメン音楽祭および2012年ライプツィヒ・バッハ音楽祭での「マタイ受難曲」独唱で好評を得た。
 2013年12月セカンド・ソロアルバム「夜の祈り」(WAON Records)をリリース。2014年2月にサード・ソロアルバム「English Lute Songs時が止まる」(Regulus)をリリース予定。
 近年は、合唱指揮者としても活躍しており、2013年2月ニューヨーク・カーネギーホールにてヴェルディ「レクイエム」(Manhattan Symphony Orchestra)を指揮し喝采を浴びた。

清水 梢 しみず こずえ 合唱指導・ヴォイストレーナー

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、卒業時に同声会賞受賞。2歳半よりヴァイオリンを始め、14歳で声楽に転向。今までにオペラや宗教曲のソリストとして出演他、横浜を中心に音楽活動を行う。現在は古楽の分野でも活動を開始し、バッハ・コレギウム・ジャパン主催の公演に参加している。ソロ活動は、横浜・都内を中心にコンサートホールに限らずバー等でも行っている。
 これまでに大島洋子、三山洋賜、鈴木美登里の各氏に師事。


中川 郁太郎 なかがわ いくたろう 合唱指導・ヴォイストレーナー

青山学院大学卒業、東京藝術大学大学院修了。ドイツに留学し、ライプツィヒでドイツリート・オラトリオを研究する傍ら、ハレ教会音楽大学で教会音楽を学ぶ。東京交響楽団共演のヨハネ受難曲(イエス)をはじめバッハ作品を中心に多数の宗教曲や「第九」のソロを務め、各地の合唱団の指導にも力を注ぐ。多田羅迪夫(声楽)、大島博、H. Ch. ポルスター、D.ヴェルナー、J. シュテンプフリ(リート・オラトリオ)、P. コーイ(バロック声楽)の各氏に師事。E. ヘフリガー氏、P. シュライアー氏のマスタークラスを受講。東京室内歌劇場会員、二期会バッハ・バロック研究会及びジングアカデミー東京所属。


丸山 麻美 まるやま あさみ ピアニスト

東京音楽大学ピアノ科卒業、同大学大学院科目等履修(伴奏)修了。故中村初穂、林 達也、長島圭太、伴奏法を水谷真理子、土田英介の各氏に師事。
在学中よりソロ、室内楽、伴奏の活動を開始し、声楽や管・弦楽器、「NovaVoce」伴奏ピアニストの他、後進の指導にあたっている。


山縣 万里 やまがた まり ピアニスト

東京藝術大学音楽学部楽理科を卒業後、同器楽科チェンバロ専攻へ進学、在学中に安宅賞、卒業時にアカンサス音楽賞を受賞。同大学院修士課程チェンバロ専攻修了。
数々のオーケストラ公演にチェンバロおよびオルガン奏者として参加するかたわら、リサイタルシリーズ《ひとり琴》や主催アンサンブル《Duo Maris》をはじめ、ジャンルを超えた様々なアンサンブルでの演奏活動も 積極的に行っている。チェンバロを廣澤麻美、鈴木雅明、家喜美子、大塚直哉、Christine Schornsheimの各氏、ピアノを三嶋身耶子、進藤亜子、平井丈二郎の各氏に師事。


inserted by FC2 system