指導者

青木 洋也 あおき ひろや 音楽監督・常任指揮者

顔写真 カウンターテナー。東京生まれ。ヴァイオリンを学ぶ傍ら、ボーイ・ソプラノとして東京少年少女合唱隊時代より活躍。東京藝術大学大学院で古楽演奏、エリザベト音楽大学大学院で宗教音楽学を学び、在学中より定期的に渡欧して研鑽を積む。宗教音楽を専門とし、J.S.バッハの「マタイ」「ヨハネ」両受難曲や、多数のカンタータ、オラトリオの独唱をつとめるなど、現在も着実に国内外での活動の場を広げている。バッハ・コレギウム・ジャパンの主要メンバーとして国内外の公演・録音に参加し、2011年ブレーメン音楽祭および2012年ライプツィヒ・バッハ音楽祭での「マタイ受難曲」独唱で好評を得た。
 2013年12月セカンド・ソロアルバム「夜の祈り」(WAON Records)をリリース。2014年2月にサード・ソロアルバム「English Lute Songs時が止まる」(Regulus)をリリース予定。
 近年は、合唱指揮者としても活躍しており、2013年2月ニューヨーク・カーネギーホールにてヴェルディ「レクイエム」(Manhattan Symphony Orchestra)を指揮し喝采を浴びた。

清水 梢 しみず こずえ 合唱指導・ヴォイストレーナー

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、卒業時に同声会賞受賞。2歳半よりヴァイオリンを始め、14歳で声楽に転向。今までにオペラや宗教曲のソリストとして出演他、横浜を中心に音楽活動を行う。現在は古楽の分野でも活動を開始し、バッハ・コレギウム・ジャパン主催の公演に参加している。ソロ活動は、横浜・都内を中心にコンサートホールに限らずバー等でも行っている。
 これまでに大島洋子、三山洋賜、鈴木美登里の各氏に師事。


白岩 洵 しらいわ じゅん 合唱指導・ヴォイストレーナー

  

東京芸術大学音楽学部声楽科を卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程を音楽教育専攻にて修了。これまで声楽を大島博、高丈二、福島明也、故長町順史、小森輝彦の各氏に師事。大学在学中は芸大バッハカンタータクラブに在籍し、小林道夫氏からバロック音楽の薫陶を受ける。2011年、2012年、サントリーホールオペラ・アカデミーにおいて、ジュゼッペ・サバティーニ氏のマスタークラスに参加。2015年、シュトゥットガルトにてディートリヒ・ヘンシェル、ヘルムート・ドイチュら各氏のマスタークラスを修了。        これまでオペラでは、モーツァルト「フィガロの結婚」フィガロ、「ドン・ジョヴァンニ」レポレロ、「コジ・ファン・トゥッテ」グリエルモ、ドン・アルフォンソ、「魔笛」パパゲーノなど、主要なバス、バリトンのロールを演じる他、ヴェルディ、プッチーニ、ビゼーなどのオペラ作品に出演し、その精緻な役作りに定評がある。        宗教曲の分野では、バッハの教会カンタータ諸作品、「マタイ受難曲」、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「ハルモニウム・ミサ」、モーツァルト「レクイエム」、「大ミサ」などでソリストとして出演する。        第16回日本モーツアルト音楽コンクール入選。第26回日本ドイツ歌曲コンクール入選、同時に聴衆者賞を受賞。第35回飯塚新人音楽コンクール入選。東京二期会会員。日本ドイツリート協会会員。高声会会員。山口大学講師。

      

寺島弘城 てらじま ひろき 合唱指導・ヴォイストレーナー

香川県出身。香川県立坂出高等学校音楽科卒業。 東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻卒業。 現在、同大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻2年に在籍。これまでに第66回全日本学生音楽コンクール大阪大会声楽部門高校の部第1位、全国大会第3位。 第66回瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール第2位、副賞としてウィーン短期留学。第13回高校生のための歌曲コンクール優秀賞(最高位)、副賞としてイタリア短期留学。 第1回K声楽コンクール大学の部第3位。第33回香川音楽コンクール大学・一般声楽部門第1位。その他、多数のコンクールに上位入賞。 東京藝術大学バッハカンタータクラブに所属し、教会カンタータのテノールソリストを務めた。2013年高松市芸術団体協議会ブルーポラリス新人賞を授賞。平成30年度よんでん文化振興財団奨学生。日本歌曲演奏団体「季 (とき) 」メンバー。これまでに荒川和瑞子、若井健司、中野勝美、多田羅迪夫、櫻田亮の各氏に師事。


丸山 麻美 まるやま あさみ ピアニスト

東京音楽大学ピアノ科卒業、同大学大学院科目等履修(伴奏)修了。故中村初穂、林 達也、長島圭太、伴奏法を水谷真理子、土田英介の各氏に師事。
在学中よりソロ、室内楽、伴奏の活動を開始し、声楽や管・弦楽器、「NovaVoce」伴奏ピアニストの他、後進の指導にあたっている。


山縣 万里 やまがた まり ピアニスト

東京藝術大学音楽学部楽理科および同器楽科チェンバロ専攻卒業。在学中に安宅賞、卒業時にアカンサス音楽賞を受賞。
同大学院音楽研究科修士課程チェンバロ専攻を修了後、ソリスト、通奏低音奏者として広く活動している。チェンバロを廣澤麻美、鈴木雅明、家喜美子、大塚直哉、Christine Schornsheimの各氏に、ピアノを三嶋身耶子、進藤亜子、平井丈二郎の各氏に師事。意欲的な企画が毎回好評を博しているリサイタルシリーズ《ひとり琴》や、主宰するアンサンブル《Duo Maris》《通奏低音組合(コンティヌオ・ギルド)》をはじめ、ソロや小編成での演奏活動を積極的に行うかたわら、大規模な宗教曲やオペラなどのオーケストラ公演にチェンバロおよびオルガン奏者として数多く参加する。アンサンブル・エスプレッソメンバー。

inserted by FC2 system